サラリーマン週末テニスプレーヤーの日記
趣味のテニスについてのブログです。 へなちょこプレーヤーが、夢の草トー優勝?目指して頑張っていく姿を記録していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリップ
フォアハンドストロークのスピン量を増やして安定させるのにはどうしたら良いか
色々と考えた挙句、グリップを若干厚めに握り変えてみようかという結論に至りました。

私は、サーブとボレーとスライスは、コンチネンタルで握って、
ストロークはコンチネンタルとウエスタンの中間位
(これをイースタンと言うのか、セミウエスタンと言うのか、
未だに良く分かりません・・・)で握っています。

そこで、フォアハンドグリップを若干ウエスタン寄りにしようと思ったのですが、
いつも親指の第一関節の上の部分が、グリップの平らな面に当たるのを感じて
グリップチェンジしているので、それをグリップの角辺りに変えるのに違和感を感じておりました。

ところが、家でラケットを握って試行錯誤していたところ、
親指の第一関節ではなく、小指と薬指側でグリップ面を感じて、
グリップチェンジをすれば、ちょうど良い感じになるのに気がつきました。
さらに、親指側でグリップチェンジする場合に比べ、
腕の力が抜けて良い感じでラケットを振れそうな気がします。

実際にボールを打っていないので、結果はどうなるか分かりませんが、
「これでフェデラーみたいな感じでフォアハンドが打てるのでは!」
と勝手に想像が膨らんでしまいます。

試合が近いので、グリップを変えるのは危険かも知れませんが、
早速今週末に試してみたいと思っています。


人気blogランキング参加中!
ブログラランキングバナー

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。