サラリーマン週末テニスプレーヤーの日記
趣味のテニスについてのブログです。 へなちょこプレーヤーが、夢の草トー優勝?目指して頑張っていく姿を記録していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省点だらけです・・・
今日は市民大会(シングルスBクラス)に参加してきました。

雨風が強く、オムニコートの玉足がさらに遅くなっていて、
サーブとボレーで組み立てる私にとっては最悪のコンディションでした。
ですが、コンディションが悪いのは相手も同じです。


【1試合目(2R)】
相手は高校生でした。
とはいっても、私は2Rからの出場なので、
相手は既に1勝をあげており、侮れない相手です(現役高校生なので同然ですが・・・)。

トスに勝って、レシーブを選びました。
案の定、風が強いこともあって、サーブが打ちにくそう・・・
最初は様子を見ようと思って、繋げるのに徹したら、相手が自滅してくれて、
なんなくブレークに成功(1-0)!

その後、私のサーブ、これまたサーブが打ちにくい・・・
とりあえず入れることに専念し、1ゲーム目と同様に繋げていったのですが、
デュースに持ち込まれ、ノーアドの1本を取られ、落としました・・・(1-1)

相手のサーブ、今度はノーアドの1本をこっちが取りました(2-1)

3ゲーム行ってみて、すごいリターンやストロークを打ってこなさそう感じだったので、
ストロークは繋ぎに徹して、ひたすらネットに!
自滅だけはしないように、確実なプレーを心がけたのが功を奏して、

6-2で勝利!

とりあえず、目標の1勝を上げることが出来ました。が、、、
繋ぎのテニスに徹し過ぎていたせいか、勝ったのにスッキリしない・・・


【2試合目(3R)】
今度はオジさんが相手でした。
(とは言っても、同年代くらいかも・・・)

雨風が相変わらず収まらないので、またトスに勝ってレシーブを選択。
案の定、相手のダブルフォルトに助けられ、デュースに。
ですが、相手の良いファーストが入り、ブレークは失敗・・・(0-1)

私のサーブ、今回も様子を見ようと思って、繋ぎに徹したのが失敗し、
相手に振り回されブレークを許すことに・・・(0-2)

相手のサーブ、そろそろ打ってペースを変えないと、と思ったのですが、
いきなり打っても入らない・・・バックアウトを連発し、簡単にキープされる・・・(0-3)

私のサーブ、今度はサーブ&ボレーを軸に攻めて、何とかキープ(1-3)

相手のサーブ、ここが勝負どころと思ったのですが、ストロークが全然打てない・・・
打つとアウトだし、繋げると相手のペースに・・・
ここも簡単にキープされる(1-4)

私のサーブ、良いファーストが2本入って先行したものの、
チャンスボールを打てずに繋げてしまい、相手の逆襲に合いまたもブレークされる(1-5)

相手のサーブ、何をやっても上手くいかず、簡単にキープされてゲームセット。

1-6で惨敗・・・


今回は、雨の中、初めて妻が応援しに来てくれたのですが、
2試合ともイマイチのプレーで、帰りの車の中で説教されてしまいました・・・

妻曰く、
①相手に合わせようとし過ぎで、自分のプレーが出来ていない
②私のショットは殆ど相手の正面に行っており、オープンコートに打てていない
③相手は、声を出して自分を鼓舞していたのに、私からは気合が感じられなかった
との事です・・・

特に③について、帰りの車の中で「気合だ~」を連発されました・・・
うちの嫁は、アニマル浜口か・・・

ですが、以上を肝に銘じて、練習に励みたいと思います。
あと、来月のダブルス大会では、説教されないよう攻めのプレーを心がけます・・・


シングルスの大会に出るのは、今回で3回目ですが、どうも苦手です・・・
ダブルスだと、自分のショットが甘いと相手の前衛に決められてしまうので、
最初からそれなりに打ってペースを作れるのですが、
シングルスの場合、前衛がいないし、自滅が怖いので、
安全に返すことを考えてしまいます・・・

まずは、どんな相手でも自分のプレーが出来るよう、
ストロークに自信を付ける事と、メンタル面の強化を図っていきたいと思います。

来年の市民大会では、4R以上行けるよう、
シングルスの練習機会を増やすぞ~

人気blogランキング参加中!
ブログラランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。